スタッフ日記

不思議と鏡の国の料理本 #おひとりさま読書会#アリス#ヴィクトリアン#大英帝国

コミュサーブログ第502回目
日ごと涼しさを超え少し寒さを感じている、くどうまことです。

さて、ここ最近のくどうは…
どうにもならへんなぁ~(笑 しかもなぜに関西弁?)な気分でございます。
したいこと、やりたいこと(同じか? 笑)に持ち時間が追い付かない、
といったところが本音。

今回のブログのネタも、『食欲の秋のダイエット』にしようかどうしようか?
と悩みましたが、今回はコレ、

『アリスの国の不思議なお料理
ジョン・フィッシャー作/開高道子 訳』

いわずと知れた『不思議の国&鏡の国のアリス ルイス・キャロル』に出てきた
さまざまな食べ物についてのレシピ集。

今、手元には昭和53年(1978年)8月(笑)日本語初版の本がある。

元々の初版は1975年。
挿し絵は皆さまご存知の『アリス』の挿し絵。

 

○ 「お飲みなさい」スープ

○ 「お食べなさい」ケーキ

○ ハートの女王様のジャムタルト

○ バタツキパン蝶プディング

○ チェシャ猫のひげ風チーズ棒

○ 火喰龍(ファイヤー ドラゴン フライ)
他にもいろいろと…

『名場面』と言える場面に出てくるお菓子や、スープや料理たち。
もちろん、レシピだけでなくソコにまつわるエピソードが紹介されている。

初めてこの本に触れたとき衝撃を受けたのがこの料理。

『“コショウはもうたくさん”スープ』
『ニセ海亀のスープ』

なんじゃそりゃ?(笑)

挿し絵は何ともゴシック風の顔デカ侯爵夫人や、『顔が豚』で『体が海亀』。

それ以前に海亀って食べ物なのか?
『ニセ海亀』って何よ?
普通に胡椒入れ過ぎなんじゃね?
ま、『不思議の国』の食いもんだし?

と、ツッコミながら内容は華麗にスルーしてました。

で、今回読み直してみると意外と美味しそう。
そして、分量が4人前。

最近のレシピの分量『2人前』に慣れていると、少々面食らってしまう。

例えば“コショウはもうたくさん”スープの材料
・皮をむき四ツ割にしたジャガイモ 560グラム
・刻みタマネギ 大3個分
・スープストック、無ければ塩水 1700㏄
・クレソンのみじん切り 2束
・生クリーム 140㏄
・塩・胡椒 少々 Σ(・□・;)

案外、胡椒使わないのね…(笑)

で、問題の『ニセ海亀のスープ』

・子牛の頭、1/2頭分 Σ(・□・;)
他ハム、スープストック、ハーブ…
マッシュルームケチャップ?
小麦粉でとろみをつける…

コンソメ系なイメージか…

具は刻んだハムと薄切りのゆで卵…

無理だわ~作られへん~(なぜに関西弁?)

子牛の頭なんて、しかも半分なんてまず手に入らない。(笑)
挿し絵では豚にしか見えなかったが、実は牛だったことが衝撃だったが、
レシピはそれ以上に、『猿の脳みそのスープ』くらいに衝撃的(笑)

てっきり『豚肉の肉団子入りスープ』を勝手にイメージしていただけに(笑)
自分の貧困なイメージ力と挿し絵のインパクトにツッコミながら、
『アリスってこんな話だったっけ?』
と、自分の記憶の曖昧さにも衝撃を受けたりして…(笑)

ウサギを追いかけて穴に落ち、不思議な国で大きくなったり小さくなったり、
帽子屋と三月ウサギとお茶をして、何かと『首をはねておしまい』という
ハートの女王に狙われ、大量のトランプが襲い掛かって目が覚める…

アレ?

これで良いのだろうか?
本編も読み直さないといけないか?(笑)
新たな課題と、この本の最初に出てきた『キャロル特製オックスフォードマーマレード』
に興味津々な、くどうである。

そういえば、ルイス・キャロルがこの話を書いたのは、俗にいう
大英帝国華やかな、ヴィクトリアンの時代。
『日の沈まない帝国』と言われたくらいに全世界にあった
植民地からの産物が出回っていた。

胡椒、ナツメグ、紅茶にコーヒー…

それらを使った奇抜な料理が沢山あったことも思い出した。
(孔雀やオウムを使った料理もあったような… (笑)

そんな植民地だったインドでは『ダイヤモンド』が採掘され、
その中でも世界最大の宝石ダイヤモンド(カリナン①とカリナン②)が
英国王冠と王酌に付けられている。とか、
『男性が持てば災難が、女性が所有すれば繁栄が』と噂されるダイヤモンド、とか。

『ダイヤモンド・プリンセス』と呼ばれた主人公の物語(小公女)や、
下町訛りの花売り娘が言語学者の指導で『ロンドン社交界の花』に成長する
ミュージカル映画(マイフェアレディ)も、アメリカ育ちの主人公が、
公爵である祖父の頑なな心を解きほぐし、心を通わせていく物語(小公子)も確かこの
『ヴィクトリアン』の時代だったような気がする…

まだまだ読みたい本が増えていく…
あああああああ!睡眠もまた楽しみなのに~
ますます時間が欲しいくどうなのである。

今回はこの辺で。
季節の変わり目、皆さまご自愛を。
くどうまことでした。

ピックアップ記事

  1. 毎度お騒がせしてますが、さてお次は?
  2. クローバーサークルにWEB申し込みが追加されました!
  3. 急募!イベントスタッフパート社員募集!およびボランティア募集!
  4. パート社員募集!およびボランティア募集!
  5. イジメ、不登校、学校に行きづらい、 居場所はあります!

関連記事

  1. スタッフ日記

    「半吉」のおみくじ

    コミュサーブログは第285回。みなさん、今年おみくじ引きま…

  2. スタッフ日記

    思い通りにいかない子育てに、イライラしていませんか?

    コミュサーブログ第160回最近、近視メガネではめっきりスマ…

  3. スタッフ日記

    ブログの書き方を学んできました

    ★ コミュサーブログ 第458回 ★色んな講座で学ぶ&…

  4. スタッフ日記

    溢れるからこその『愛』#船の旅②#おひとりSTUDY#函館・丸山園茶舗

    コミュサーブログ第294回毎度おおきに、クドウ マコトです。…

  5. スタッフ日記

    平日休暇もらったら…喫茶店で優雅なひととき

    コミュサーブログ第487回先日検診を終えたてのチバナツミで…

  6. スタッフ日記

    9月1日の朝が来た  #おひとりさま読書会 #母からのバトン#8月31日の夜に

    コミュサーブログ第498回目。青森市に大雨警報出たり、翌朝には…

フリースクール あおもりサニーヒル

県内初のフリースクール「あおもりサニーヒル」は、子どもたちが無理なく安心して過ごすことのできる居場所です。

学校に行くのが辛くなった時、家でぽつんと居るのがさみしくなった時、そんな時のためにサニーヒルはあります。

ひだまりカフェ

ひだまりカフェ

~むかし近所のおじいちゃんやおばあちゃんのお家の縁側にあったような、みんなの『居場所』を目指して~

ひだまりカフェ

青森県で婚活をするならクローバーサークル

コミュサーあおもりが運営するもう一つの結婚支援事業 青森県内の他NPOと手を組み、クローバーサークル青森代理店として出逢いの場やお見合いなどを提供しています。

イベントだけでは物足りない、本気で早く結婚相手をみつけたい、もっとしっかりしたサポートが欲しいなど、本気で結婚したい方のための登録制サークルです。

お試し参加、イベント会員だけでもOKです。まずはのぞいてみてください。

カテゴリー

公式twitter

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP