スタッフ日記

ナンブ に マナブ

スタッフブログ第590回は福原がお届けします。

今回は、南部に学ぶ。です。

仕事柄、津軽全域に出張で出かける事が多いのですが、たまーに、南部地方からもお声がかかることがありまして。

南部地方の歴史、民族的遺産として、私たちが簡単に思い浮かぶのは、晩期の精密な土器で有名な、是川遺跡。

そして、国宝の鎧、赤糸威鎧でしょうか?

それ以外に、南部の歴史、民族に興味のある津軽の人って少ないかも知れません。

少ないでしょう。いや、少ないに違いない。

だって、昔から仲悪いんだから。

さて。ご多分に漏れず、私も南部の事はあまり勉強してこなかったのですが、この度、ガツンと心に刻まれるような学びをさせて頂いたので、ご報告します。

1・まず、南郷歴史民俗資料館で、特別展

「クジラの村~山から海に出た男たち」に驚きました。

旧南郷村では、昭和30年代に出稼ぎ先として、捕鯨が盛んに行われ、「クジラの村」と呼ばれていたそうなんです!

昭和12年から、南極大陸の近くでの捕鯨船に乗った南郷の人達の、真面目な働きぶりが信頼され、出稼ぎ拡大。

ピーク時には、三八地区一帯で700数十人が従事していたとのこと。

3回捕鯨船に乗れば家が建つ、と言われたそうですから。

クジラは、捨てる箇所が無いと、よく言われますが、主目的は鯨油と、鯨肉。

歯も、象牙と同じくらい高級品なんですよ。

もちろん、楽な仕事ではなく、酷寒の南氷洋では、亡くなった方もいたそうです。

やはり、一つの村を豊かに出来るような仕事は、危険と隣り合わせなんですね。

会場には、数々の捕鯨用の道具が展示されていましたが、強烈だったのは、モリの矢先です。

初期に使われていたものは、矢の先が尖っていたのですが、それだと、硬くて滑らかなクジラの体表で、滑ってしまい、刺さらないのだそう。

そこで、改良型は、先端がカットされて、平べったいのです!

その方が、摩擦の力が手伝って、クジラの厚い皮に刺さってゆくのです。逆転の発想!

この歳になっても、目から鱗が落ちるのは、気持ちが良いですね。

南郷村では、大洋漁業(現マルハニチロ)の名にちなんだ、「大洋公園」という公園まであるんですよ!

世界の中でも、肩身の狭い日本の捕鯨ですが、南郷村にスケールの大きな出稼ぎの歴史があったことは、津軽人も知っておくべきだな、と思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2・さて今度は、八戸 小中野にやって来ました。

小中野地区は、明治頃大きな遊郭が並ぶ花街で有名だったところ。

「東北の上海」と呼ばれていたとか。 往時の勢いが思い浮かびます。

現存する旧遊郭「新むつ旅館」では、リアルに体感できますよ!

そして、小中野の街を散策していると・・・

こりゃー、レトロなんてもんじゃないッ、と、ビックリしたのが、「丸一河村毛皮店」さんです。

明治29年創業の、120年以上続く老舗の毛皮屋さんです。

ただ、動物好きな方は、行かない方が良いかも知れません。

昔の世代の、普通に動物の毛皮を身に着けていた文化に、ショックを受けるかも。

私が、感動したのは、毛皮屋さんの昭和テイスト満点の店舗と、歴史的エピソードなんです。

お店の外観は、40~50年前の商店街のネオンを憶えている方なら、感涙ものです。

虹色のテントの下に、極彩色のネオン看板。

その下の、全面ガラスのショーウィンドウを支える、地面から30センチほどの土台を飾っているのは、モザイクのタイルなんです!

これは、昭和の商店の象徴なんですねー。

そして、店内は吹き抜けのモダンな作り。

2階には、障子に囲まれた別室が。来賓用でしょうか。

そして。昔は、船乗りが遠洋から帰ってくると、持ち帰ったアザラシ等の毛皮を売りにきたそうです。

港町八戸の「東北の上海」小中野の玄関口にある大店の毛皮屋。

そこに、猟師の手で持ち込まれる、海獣の毛皮。

これぞ、土地柄。民族の歴史ですねーー。

昔から、お店のショーウィンドウには、白熊の毛皮を飾り、ポスターも白熊。

店内にはエスキモーが狩りをしているパノラマ絵画。

レトロ好きには、雷に打たれた位の感覚でした。

令和の今では、ちょっとお目にかかれない、文化遺産だと思います。

急に行くのが怖い方は、ネット上で、「田舎の毛皮屋さん」で、検索してからが良いと思います。

動物愛護の観念が広がる前、青森の祖先が、狩猟に近いところで、生き抜いてきたのだと思い返される、南部の旅でした。

おしまい

ピックアップ記事

  1. イジメ、不登校、学校に行きづらい、 居場所はあります!
  2. 心から御礼申し上げます!そしてメリークリスマス!
  3. 【定員オーバーのため締切らせていただきました。】あおもりサニーヒルセミナー『不登…
  4. 🎍謹賀新年🎍
  5. 毎度お騒がせしてますが、さてお次は?

関連記事

  1. スタッフ日記

    溢れるからこその『愛』#船の旅②#おひとりSTUDY#函館・丸山園茶舗

    コミュサーブログ第294回毎度おおきに、クドウ マコトです。…

  2. スタッフ日記

    【考察】『美味しい』からこその『味わいかた』

    コミュサーブログ、第216回目。毎度おおきに、担当のクドウです。…

  3. スタッフ日記

    桜咲きそう!週末はNIPPON防衛男子コン

    コミュサースタッフブログ第314回担当 千葉です。&n…

  4. スタッフ日記

    妊娠9ヶ月(32週〜35週)管理入院

    みなさんこんにちは!スタッフブログ第272回担当は小笠原ちか子…

  5. スタッフ日記

    送別会のお料理問題

    この春、10年ぶりに異動の辞令をもらうことになったコミュサーブ…

  6. スタッフ日記

    何事もワンオペは…

    青森はめっきり秋らしくなって来ましたね。コ…

フリースクール あおもりサニーヒル

県内初のフリースクール「あおもりサニーヒル」は、子どもたちが無理なく安心して過ごすことのできる居場所です。

学校に行くのが辛くなった時、家でぽつんと居るのがさみしくなった時、そんな時のためにサニーヒルはあります。

ひだまりカフェ

ひだまりカフェは2022年リニューアルして復活します!

2022年秋ひだまりカフェはリニューアルして復活します! 食育×居場所として感染症拡大防止対策を講じながら活動します。 2019年度からフリースクールに吸収し月1回から常時お悩み相談ができたりや居場所として運営してきましたが、この秋、心がほっこりする居場所として、生きるために必要な食をテーマに活動することになりました。 保護者の教育相談やお問合せ等は今後も変わらずフリースクール「あおもりサニーヒル」で受け付けております。サニーヒル専用ホームページからご連絡ください。

~むかし近所のおじいちゃんやおばあちゃんのお家の縁側にあったような、みんなの『居場所』を目指して~

ひだまりカフェ

青森県で婚活をするならクローバーサークル

コミュサーあおもりが運営するもう一つの結婚支援事業 青森県内の他NPOと手を組み、クローバーサークル青森代理店として出逢いの場やお見合いなどを提供しています。

イベントだけでは物足りない、本気で早く結婚相手をみつけたい、もっとしっかりしたサポートが欲しいなど、本気で結婚したい方のための登録制サークルです。

お試し参加、イベント会員だけでもOKです。まずはのぞいてみてください。

カテゴリー

公式twitter

カレンダー

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP