スタッフ日記

ママ 論

スタッフブログ第375回

福原がお届けします。

私は常日頃 妻から

「根がおばさん」と言われています

なぜかというと

勘違いしている女性に厳しいから・・。

なぜなのか

自分ではわかりません。

おそらく

昔、何かあったのでしょう・・・

はい、この話題 おわりッ!

 

今日は、年の瀬ということもあり 。

歓楽街にちなんだ話題で行きたいと思います

題して

「なぜ飲み屋のママをママと呼ぶのか」

です。

まず 調べてみたら

以下の区割りがあるそうです。

「ママ」

→ バー、スナック、喫茶店等の、西洋風の店の女主人のこと

「マダム」

→ 上記の、古風な、気取った言い方

「おかみ」

→ 和風の客商売の店の女主人のこと。

「女将」

→ 上記の書き言葉

そして

「ママ」を細分化すると・・

「チーママ」

→ 小さいママ。店のナンバー2

「オーママ」

→ オーナー兼務のママ。

・・・

一般常識レベルでしたね・・・

 

コミュサーブログとしては!

なぜ いい歳したオヤジが

止まり木の上でモジモジして

「ねぇ~ママ~、聞いてよ~」

って始めた、その源泉を知りたいのです

・・歓楽街における「甘えの歴史」?

ホントは 。。

カウンターの奥に陣取って

甘えた声を出してる客に

「今の猫ナデ声、どっから出た?!

よくいい歳こいてそんな情けない声

出せるもんだ! その、今の心境を

ワンセンテンスで説明してッ!!」

と、フィールドワークから

やってみたいのですが

ヤクザに連れていかれ、

朝、ゴミ捨て場の 脇で ニャーと

猫の鳴き声で 起こされる、

というのは、今の季節だと凍死するので

やめとくことにして・・。

 

私の考えでは、てっきり

「ママ」と呼ばれた起源は、

高度成長期の初め頃 。

コンクリートジャングルでの戦いに

傷ついたサラリーマンが

灰になって辿り着いた、場末という名のオアシス。

小さいネオンに引き寄せられて

店のドアを開けると、

マリア観音のような妙齢の女性が

会社や家庭の愚痴、何でも聞いてくれて

何でもねぎらってくれて

何でも肯定してくれて

泣いたら オシボリもくれて・・

まるで お母さん・・

赤ちゃん返りしたお客さんの口から

思わず、「ママ・・」と。

その宗教的とも言える神々しい場面を

目撃した人々が巷に広めた。のが起源。

・・かと思っていたのですが・・

 

さらにパソコンで調べてみると、

ありました・・・・。

《「スナックのママ」の語源 》

女ボスのことや、頂点にある女性のことを

アメリカでは

ママ(マザー)と呼ぶからです。

スナックや喫茶店のボスやボスクラスの人が

女性なら、「ママ」。

 

なんだ・・・。

 

おわり。

 

ピックアップ記事

  1. ″44歳からの挑戦″
  2. 🎍謹賀新年🎍

関連記事

  1. スタッフ日記

    楽園の景色✨

    スタッフブログ第334回毎日暑いですが体調…

  2. スタッフ日記

    居場所と仕事

    コミュサーブログ第 265 回青森の世話焼き母さん…

  3. スタッフ日記

    軽トラと長靴とノートパソコン

    スタッフブログ320回目こんにちは、やまもとです。&nbs…

  4. スタッフ日記

    軽トラと長ぐつとノートパソコン

    スタッフブログ第164回こんばんは、やまもとです。&n…

  5. スタッフ日記

    出会いのコツは幸運を掴むコツ

    コミュサーブログ第 230 回毎週出演しているラジオでは恋愛マ…

  6. スタッフ日記

    軽トラと長ぐつとノートパソコン

    スタッフブログ94回?山本です!実…

ひだまりカフェ

~むかし近所のおじいちゃんやおばあちゃんのお家の縁側にあったような、みんなの『居場所』を目指して~

ひだまりカフェ

青森県で婚活をするならクローバーサークル

コミュサーあおもりが運営するもう一つの結婚支援事業 青森県内の他NPOと手を組み、クローバーサークル青森代理店として出逢いの場やお見合いなどを提供しています。

イベントだけでは物足りない、本気で早く結婚相手をみつけたい、もっとしっかりしたサポートが欲しいなど、本気で結婚したい方のための登録制サークルです。

お試し参加、イベント会員だけでもOKです。まずはのぞいてみてください。

カテゴリー

公式twitter

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP