スタッフ日記

島田紳助ってやっぱりスゴイと思う

コミュサースタッフブログ

第96回目

担当の佐藤けいしです。

 

今日も雪ですね。

 

雪は降るものの、例年よりは少ないし

比較的軽めの雪なので

若干助かっているかな…と。

 

でも、しんどいものはしんどい…。

 

クルマはノロノロだし

道はガタガタだし。

 

ま、あせらず行きましょ。

 

 

今日は

「スゲーな、この人…」と思った

本の内容をシェアします。

 

 

島田紳助さんのお話し。

 

突然奥さんから離婚を申し出された

ことがある。

 

その時の彼の奥さんへの言葉が

なんとも言えない。

 

 

奥さんが

「自分の力で

自分の人生を歩んでみたい」と。

 

彼は驚いて言葉が出ない。

やっとの思いで口にした言葉が

 

「俺ら夫婦は

俺がレーサーで

お前がメカニックだ。

 

二人でチームとしてやってきた。

 

それでいい成績をおさめたのは

二人の成果。

 

俺が目立つ。お前は目立たない。

だから「私は役に立ってない」と

お前はへこむ。

 

でも違う。

メカニックとレーサーがいて

はじめてレースに出れたんだ。」

 

 

奥さんの言い分は

「私もレーサーになってみたい」

 

そう願う妻の思いは認めるとして

言葉を続けた。

 

「今まで稼いだ分はもちろん折半。

そして、これから俺が稼ぐ分も

ずっと半分はお前にやる。

 

それでよかったらこの話を飲む。」

 

離婚にあたって財産を折半するのは

ごく普通のこと。

 

離婚後はゼロからの出発を願う

彼女としては、離婚後も財産を

分与されるなど、もってのほか。

 

それでも彼は離婚後の自分の稼ぎも

折半すると申し出た。

 

その理由を彼は競馬に例えて

説明した。

 

「お前が俺と結婚するとき

走るか走らないかわからない馬に

賭けたみたいなもの。

 

その馬が走ってる限り配当は

貰うべきだ。

 

走るか走らないかわからない馬を

馬主として買ったんだから

引退するまで賞金の配当を受け取る

権利がある。」

 

だれが聞いても納得できる論理。

 

離婚を切り出された刹那に

こんな申し出を切り出せる人は

そんなにいないだろう。

 

《島田紳助の話し方はなぜ9割の人を動かすのか 久留間寛吉著より引用》

 

 

結婚当初の二人の気持ちを

“しっかりと”覚えてるからこそ

とっさに出た言葉だと思う。

(当時競馬に例えてたわけじゃないだろうけど)

 

過ぎていくと「始まり」を

忘れてしまう。

 

何事も「始まり」というのが

とても大事だと改めて

感じさせられた話しだった。

ピックアップ記事

  1. 🎍謹賀新年🎍

関連記事

  1. スタッフ日記

    青森県人と広島県人が婚活をしたらどうなる?

    コミュサーブログ第172回目生まれも育ちも…

  2. スタッフ日記

    《スタッフブログ「どうして結婚できたのか」》

    スタッフブログ 第11回担当は小笠原智佳子です!!&n…

  3. スタッフ日記

    スタッフブログ  正しさを勘違いしてたあの頃

    スタッフブログ第53回、猫好きの千葉です。…

  4. スタッフ日記

    【スタッフブログ『あと、半日あります。』】

    スタッフブログ、第34回目今日の担当はクドウです。今日は昼…

  5. スタッフ日記

    ”44歳からの挑戦”

    スタッフブログ279回みなさん、こんにちわ〜☆いいだ …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

募集中のイベント(お申込み先の紹介)

ひだまりカフェ

カテゴリー

公式twitter

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. スタッフ日記

    時代感じませんか?
  2. イベント情報

    募集終了!6/28~29鉄人のシェフディナーでおもてなし『佐井村で出逢う』ツアー…
  3. スタッフ日記

    ええ会話
  4. スタッフ日記

    恋愛。結婚。お金がすべてではないとはいうけれど
  5. スタッフ日記

    空の旅  #シリーズ『a Go Go』#骨董元禄展示会
PAGE TOP